モンスターカレンダー

« 2013年8月 »
12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2013年8月アーカイブ

男性の潮吹きって何?

男性の潮吹きってご存知ですか?女性の潮吹きならAVなどでも頻繁に見かけますよね。

一見、尿と勘違いされる方もいますが、全く異なる無色透明のサラサラとした液体が、まるでスプリンクラーが回るように噴射される現象です。

これと同じような状態が男性にも現れるというのです。

射精後もさらに性器に刺激を与え続けていくと、3メートルも飛ぶような潮が吹くと言います。

もっとも、初めから吹ける人は2~3割で、何度かチャレンジしているうちに吹けるようになると言います。

たまに男性の潮吹き専門店などと謳っているお店がありますが、初めての挑戦で潮が吹けなくても騙されたと思ってはいけませんね。

最高の気持ちよさを体感できるまで、根気よく通うことが肝心のようです。

体験者の談によれば、とにかくリラックスした状態がポイントということ。

つまり、初めての場合、女性からのサービスで緊張したりして、完全なリラックス状態になれないのでしょう。

相性のいい女の子にじっくりと回春マッサージをしてもらうのが良さそうです。

個性的な都市には個性的な風俗があります。

古都として名高い京都で体感するm性感は、そうした個性をしっかりと武器にしており、今も大人気です。

SMと性感マッサージを組み合わせたこの形式のサービスは、デリヘルの形で行われるのが基本で、女の子は派遣されてお客とプレイします。

オプションでいろいろなサービスを選択することもできるので、バリエーションは単純にSMに絞られることもないでしょう。

言葉攻めから始まり、だんだんと快感を高めていくのがオーソドックスなこのサービスの特徴です。

玉舐めや手コキ、アナル刺激なども絡めていくのは風俗嬢のテクニックによって若干の違いがあります。

どことなく女の子のしぐさに上品な物が感じられるのは、京都で体感するm性感の醍醐味でしょう。

地域的な特色は風俗に現れやすいと聞きますが、やはりこのサービスにおいてもそうしたジンクスは生きてくるようです。

みんながその意味を理解しているのには大変興味がわきます。

男が行う潮吹きの知名度の高さ

射精やオナニー、セックスについては性教育の影響もあって、たいていの人が一般常識として知っています。

しかし、男が行う潮吹きはそれほど知られていないのです。

女性が行うそれと同じように、ペニスから尿でも精液でもない液体が勢い良くびゅっと飛び出してくるのは、ある意味新鮮な思いがするでしょう。

普通のオナニーやセックスでは、まずこの液体は出てきません。

ネットの関連ブログを見た所、男が行う潮吹きには特別なやり方があると記されていました。

普通のオナニーだと竿の部分を片手で握り、前後に擦ることで刺激を与えるのがオーソドックスです。

しかし、潮を目的にしている場合はぎりぎり出そうな状態を長時間維持し、我慢し続ける感じになります。

考えてみるとけっこう大変な印象がありますが、その絶頂感は半端ではありません。

ドライオーガズムもそうですが、こうした快感を得るには多少の苦労はつきものです。

最近は潮に特化した風俗サービスもあるので、そちらのほうがお手軽に体感できるでしょう。

特定の風俗店に行くと、フェラチオとかテコキなどのオーソドックスなサービスではなく、かなり新鮮なサービスをしてくれる場合があります。

性感エステなどはその代表例であり、前立腺を刺激するマッサージは特に、はじめてやった人にとって新しい世界を感じるでしょう。

アナルに指や器具を入れて直にスポットを刺激するこのサービスは、現在マッサージ系と呼ばれる風俗の中でも代表的な形で認識されています。

今はそれが当たり前のようにデリヘルなどで行われているので、メジャーになったのでしょう。

オナニーでも前立腺を刺激するマッサージは盛んで、男性が自分のお尻に器具を入れて、それで絶頂を迎えるわけです。

これで得た絶頂感は射精では到底味わうことができない物になっており、かなりの面でセンセーショナルな感じがします。

体感してみないことにはその絶頂感は味わえないので、まだの人はぜひ専門のお店に行くか、サービスを利用してみるべきです。